n 勃起薬がスッキリ分かる!仕組みや種類、海外製品など

勃起薬について正しく知る。

ここでは、そもそも勃起薬とは何か?という事を、しっかりと知るための基礎情報を説明していきます。

まず勃起薬は薬局で買える精力剤(精力サプリメント)とは別物であることを覚えておきましょう。精力サプリメントはあくまで健康食品であり、勃起薬は医学データによって効き目が証明されている医薬品となります。

勃起を促す効果はサプリメントよりも明確に優れている一方で、サプリメントと違って副作用によるリスクに注意が必要となります。だからこそ、勃起薬は薬局で購入できず、医師の適切な診断によって処方されるべきものです。

勃起薬を継続して使用できる人に限り、個人輸入という形で通販購入ができます。

勃起薬とはどんな薬か

日本国内で処方されている勃起薬はバイアグラ、レビトラ、シアリスの3剤のみです。この他にも、日本で未認可の勃起薬にステンドラやザイデナがあります。

これらの勃起薬はいずれも、PDE5阻害薬(ホスホジエステラーゼ5阻害薬)と呼ばれる分類の薬です。

PDE5阻害薬は血管の外壁を形成する筋肉をゆるめ、血管を広げる作用があります。
最初は狭心症の薬としてシルデナフィルが開発されましたが、臨床試験では狭心症に対する効果が認められませんでした。その際に被験者から薬を回収したところ、何故か回収を渋る被験者が何人か現れました。不思議に思って開発担当者が詳細を確認したところ、シルデナフィルの投与によって被験者の勃起機能が向上した事が分かったのです。

この結果を受けて、開発元のファイザー社はシルデナフィルを勃起不全の治療薬として新たに開発し、1998年にバイアグラとして認可されました。

これが勃起薬の始まりであり、第一号のバイアグラは、勃起効果が証明されている「夢の薬」として大いに脚光を浴びたのでした。

勃起薬が効き目を発揮する仕組み

勃起薬(PDE5阻害薬)を飲むと、薬の成分が胃腸から吸収されて血管に行きつきます。そして血管の周囲にある血管平滑筋に働きかけます。
血管平滑筋は血管を弛緩させたり収縮させたりするための筋肉で、cGMP(サイクリックGMP)という物質の働きによって弛緩されます。そのcGMPを減らして弛緩した血管平滑筋を収縮させるのがPDE5です。

勃起が起きる仕組み

健全な時は性的興奮によって一酸化窒素(NO)が増え、一酸化窒素からcGMPが生み出されます。cGMPが増加して優勢になると血管平滑筋がゆるみ、血管が拡がります。血管が広がると血流が増加し、体がほてってきます。このとき血液が陰茎にどっと流れ込み、陰茎を形成する陰茎海面体が血液を吸収して大きくなります。
陰茎海綿体が大きくなるにつれて陰茎も硬く大きくなり、勃起状態になります。

性的興奮がおさまると、一酸化窒素が減って今度はPDE5が優勢になり、血管平滑筋は再び収縮します。こうして陰茎への血流も元通りとなり、勃起もしだいにおさまってきます。

EDとPDE5阻害薬

EDは大きく分けて陰茎への血流が低下する器質性と、精神的な不調によって性的興奮が伝わりにくくなる機能性に分かれます。このうち勃起薬が効くのは器質性ですので、ここでは器質性EDを説明します。

器質性EDは血管もしくは血液に何らかの障害があって血流が低下し、陰茎海綿体に十分な血液が流れ込まない状態です。

ここでPDE5阻害薬の出番ですが、薬の服用によってPDE5を抑え込むとcGMPが優勢になって血管平滑筋が弛緩しやすい状態になります。つまり血管や血流の障害そのものを治すわけではなく、一時的に血流が増加しやすい環境を作って勃起を補助するのがPDE5阻害薬というわけです。

勃起薬の種類

ここでは勃起薬として販売されている薬効成分と、概要を説明していきます。日本で処方されているおなじみの薬に加え、日本で未認可の薬についても補足します。

薬ごとの特徴を把握しておけば、用途やシチュエーションに応じてうまく使い分けることができます。

バイアグラ

言わずと知れたED治療薬の代名詞、バイアグラ。同薬はファイザー社が狭心症の治療薬として開発し、その後ED治療薬として正式に認可されました。

主成分シルデナフィルは、日本国内で販売されているバイアグラジェネリックの製品名でもあります。バイアグラはED治療薬の中でも血管を広げる作用が強く、ガツンと硬くなる勃起力が特長です。一方で食事に影響されやすい、持続時間が短い、副作用が出やすいといった欠点があります。効き目は30分ほどで出はじめ、4~5時間ほど持続します。

また、バイアグラは日本と欧米で容量が若干異なってきます。
日本で処方されている成分含量は25mgと50mgですが、欧米では50mgと100mgが販売されています。
これに関しては日本国内でシルデナフィルの臨床試験を行った際、被験者にバイアグラ100mgを投与したところ、効き目は50mgと変わらず副作用のみ強まったという報告があります。

バイアグラを個人輸入する際には用量に注意し、100mg錠を使用する場合は必ず半分もしくは1/4に割って服用します。

シルデナフィルはED治療薬のバイアグラ以外にも、肺動脈性肺高血圧症の治療薬としてレバチオが認可されています。

バイアグラを通販で購入

あんしん通販マートで販売されているバイアグラは、50mgおよび100mgの2タイプあります。
100mgは日本では過剰摂取にあたる成分含量となりますので、100mg錠を服用する際には必ず1/4~1/2錠に割ってからお飲みください。

こちらはあんしん通販マートで取り扱っているバイアグラ50mgです。 シルデナフィルを50mg含んだ錠剤が1箱に4錠入っており、価格は6,980円(1錠あたり1,745円)となります。
まとめて購入すると割引となり、最大7箱で40,549円(1錠あたり1,448円)まで値下がりします。

こちらはあんしん通販マートで取り扱っているバイアグラ100mgです。 シルデナフィルを100mg含んだ錠剤が1箱に4錠入っており、価格は7,680円(1錠あたり1,920円)となります。
まとめて購入すると割引となり、最大7箱で44,615円(1錠あたり1,593円)まで値下がりします。

レビトラ

バイアグラの後に登場したED治療薬がレビトラです。主成分バルデナフィルはバイエル社が開発し、製品名レビトラとして販売されました。

バルデナフィルは、バイアグラの欠点を改善したED治療薬です。すなわち食事の影響を受けにくく、持続時間がバイアグラより長く、副作用はバイアグラより抑えられています。さらにレビトラの大きな特徴として、ED治療薬の中で最も即効性があるという点が挙げられます。

レビトラの効き目は15分ほどで出はじめ、効き目は6~8時間ほど持続します。レビトラの用量は日本も欧米も同じ10mgと20mgで、加えて日本では5mgも認可されています。

レビトラを通販で購入

あんしん通販マートで販売されているレビトラは、10mgおよび20mgの2タイプあります。
どちらも日本で認可されている成分含量ですので、問題なく使用できます。
効き目や副作用の出方に応じて、ご自身に最適な量を選びましょう。

こちらはあんしん通販マートで取り扱っているレビトラ10mgです。 バルデナフィルを10mg含んだ錠剤が1箱に4錠入っており、価格は5,980円(1錠あたり1,495円)となります。
まとめて購入すると割引となり、最大7箱で34,740円(1錠あたり1,240円)まで値下がりします。

こちらはあんしん通販マートで取り扱っているレビトラ20mgです。バルデナフィルを20mg含んだ錠剤が1箱に4錠入っており、価格は7,180円(1錠あたり1,795円)となります。
まとめて購入すると割引となり、最大7箱で41,711円(1錠あたり1,489円)まで値下がりします。

シアリス

日本においては最新のED治療薬であり、世界でトップシェアを誇るのがシアリスです。主成分タダラフィルはイーライリリー社が開発し、製品名シアリスとして販売されました。シアリスはたちまち人気となり、2013年にバイアグラやレビトラを抜いてトップシェアとなりました。

シアリスの人気の理由はまず第一に、他の2剤を圧倒的に凌駕する持続力に尽きます。同薬の持続時間は実に36時間におよび、金曜の夜に飲めば日曜の朝まで効き目が持続するので「ウィークエンドピル」とも呼ばれています。

何と言っても、飲むタイミングを気にしなくてもよいという大きなメリットがあり、余裕をもってセックスに臨むことができます。勃起力は他の2剤よりマイルドで、薬を使ったような強力さよりも自然な勃起になります。レビトラに比べ、さらに食事の影響を受けにくくなっています。

シアリスのデメリットとして効き目が出はじめるのに時間がかかりますので、セックスの3時間前までに服用します。

タダラフィルはED治療薬シアリス以外にも、肺動脈性肺高血圧症の治療薬としてアドシルカが、前立腺肥大症の治療薬としてザルティアがそれぞれ認可されています。

シアリスを通販で購入

こちらはあんしん通販マートで取り扱っているシアリスです。あんしん通販マートで販売されているシアリスは20mg錠で、1箱に4錠入って8,980円(1錠あたり 2,245円 )となります。
まとめて購入すると割引が適用され、最大7箱で52,168円(1錠あたり1,863円)まで安くなります。

日本で未認可の勃起薬

上記3剤以外にも、日本では認可されていない勃起薬としてアバナフィル、ウデナフィル、ロデナフィル、ミロデナフィルの4剤があります。これらのうちアバナフィルとウデナフィルは通販で購入できるジェネリックがあります。

アバナフィル

アバナフィルは製品名ステンドラとして、アメリカの製薬会社であるヴィヴス社より販売されたED治療薬です。アバナフィルはバルデナフィルよりも若干即効性が上回るとされていますが、日本での臨床データが無いため、あまり参考にはなりません。
バルデナフィルやタダラフィルと同様に、食事の影響を受けにくくなっているようです。

アバナフィルはジェネリック医薬品として、アバナが通販で購入できます。

アバナを通販で購入

アバナはインドのサンライズレメディーズ社が販売しているステンドラジェネリックです。ステンドラと同等の勃起力や即効性が、安価で試せる製品です。

あんしん通販マートで販売されているアバナは50mgと100mgの2タイプあります。どちらも日本で認可されていない成分ですので、使用においては自己責任となります。効き目や副作用の出方に応じて、ご自身に最も適した量を選びましょう。

こちらはあんしん通販マートで取り扱っているアバナ50mgです。アバナフィルを50mg含んだ錠剤が1箱に4錠入っており、価格は2,480円(1錠あたり 620円 )となります。
まとめて購入すると割引が適用され、最大7箱で11,618円(1錠あたり414円)まで安くなります。

こちらはあんしん通販マートで取り扱っているアバナ100mgです。アバナフィルを100mg含んだ錠剤が1箱に4錠入っており、価格は3,480円(1錠あたり870円 )となります。
まとめて購入すると割引が適用され、最大7箱で16,303円(1錠あたり582円)まで安くなります。

ウデナフィル

ウデナフィルは製品名ザイデナとして、韓国の製薬会社である東亞製薬から販売されたED治療薬です。韓国製のED治療薬ですので、日本人と同じ体系の韓国人による臨床データがあり、日本人にも適したED治療薬とされています。

ザイデナの特徴として、優れた即効性と持続時間を兼ね備えているという点が挙げられます。セックスの30分前に飲めば効果が発揮され、12~24時間にわたって効き目が持続します。

ウデナフィルは先発薬ザイデナの他、ジェネリック医薬品のズデナが通販で購入できます。

ズデナを通販で購入

ズデナはインドのサンライズレメディーズ社が販売しているザイデナジェネリックです。ザイデナと同等の、日本人の体格に相性が良い勃起改善効果が安価で試せます。

こちらはあんしん通販マートで取り扱っているズデナです。あんしん通販マートで販売しているズデナはウデナフィル100mgを含んだ錠剤が1箱に4錠入っており、価格は3,980円(1錠あたり995円)となります。
まとめて購入すると割引となり、最大7箱で18,645円(1錠あたり665円)まで値下がりします。